浮気の証拠集めが重要!

cfd73edd81afcf31fb2b5c37d58d2a7d_s浮気の証拠と言ってもいろいろあります。
夫や妻の浮気が元で離婚調停や裁判、離婚、慰謝料となった場合に、はたしてどのような証拠が必要とされるでしょうか?
一般的に浮気の証拠として有効と言われるものは不貞の証拠と言われる直接証拠です。

不貞の証拠(直接証拠)

c22b29b03141aeb1ccaf4fc13e8514b1_sいつの時代でも夫婦関係が破綻する原因の代表である「不貞行為」ですが、これは法律的には肉体関係をもった浮気だとされています。つまり調停や裁判で使える決定的な不貞の証拠とは、夫(または妻)が見知らぬ異性と一緒に食事をしている写真だけでは十分といえません。

浮気相手と一緒にホテルに入る(出る)瞬間の写真。
浮気相手と車の中で性行為に及んでいる写真。

などがあれば決定的な不貞の証拠とみなされることになります。さらに、その不貞行為が一度きりのものではなく、継続性のあるものだと示すことができれば証拠能力が強まって有利になります。
たとえばよくある例で説明しますと、夫が愛人の自宅に頻繁に通っているケース。こんな場合は、ただ夫が女性の家に入っていくところを撮影しただけでは「仕事上の相談だから10分くらいで出てきた」と反論されてしまい、決定的な不貞の証拠として不十分です。

夫が女性宅に入ってから、さらに出てくるところも撮影する。
女性が出入りするところも撮影する。
その証拠を1日だけでなく複数日にわたって撮影する。

というような場面を押さえることができれば、たとえラブホテルなどへ行かなくても不貞の証拠として強力なものになります。

状況証拠(間接証拠)

それでは直接の証拠以外は全く無意味なのかといえば、そうとも言い切れません。メール・ホテルの領収書などのように単独では弱い証拠でも、間接証拠の積み重ねによって有効な証拠になることもあります。間接証拠を浮気している本人に突きつけることで相手が事実を白状し、それを録音しておけば有利な条件で示談に持ちこめる可能性もあります。

領収書

日時、支払い内容まで詳細にチェックしておく。

写真

もちろん浮気相手と二人きりで写っていればベスト。

手紙

浮気相手からと思われる手紙は残しておく(相手の自筆だと効果的)。

着信履歴

携帯電話の着信履歴を見ることができれば、番号は控えておく。自宅から電話している場合は電話会社の通話明細も取り寄せしてみる。

メール

送受信の日時と内容、相手先アドレスを記録しておく。直接の証拠にはなりにくいが状況証拠を固める役に立つ場合も。

手帳・メモ

ラブホテルの料金や外泊した日付などがメモされていることもある。たいていの場合、ホテル名は頭文字の略称で書かれていることが多いが、対象者の行動範囲にあるホテル名を片っ端から調べれば判明する可能性は高い。たとえば「リバーサイド」→「LS」、「パークヒルズ」→「PH」など。

上記の証拠集めの際にはメモしていると時間が掛かかりますので物によっては、写真に取るなどして短時間で済ませるように工夫してください。またくれぐれも相手に気付かれないように細心の注意を払って行動してください。

不貞の現場を押さえる以外に、たとえば夫からの暴力(ドメスティック・バイオレンス)の証拠も、医師の診断書を取るなどしておけば調停や裁判になった場合の大きな助けになってくれます。

悩む前にまずご相談を!0120-890-91924時間受付 PHS・携帯OK!

メールでのお問い合わせはこちらお気軽にお問い合わせください。